力計校正サービス

力基準機を使用した校正の範囲が、国内最大の【10 MN(圧縮)】~国内最小の【10 N(圧縮/引張)】まで。他社メーカー対応可能です。納期ご相談ください。

10MN特定二次標準器_02 (1)
jcss_img02

リトラ株式会社校正室は、認定基準としてISO/IEC 17025を用い、認定スキームをISO/IEC 17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋認定協力機構(APAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。リトラ株式会社校正室は、国際MRA対応JCSS認定事業者です。JCSS0099は当校正室の認定番号です。

力計校正

力計(ロードセル、ループ等)のJCSS校正では、一軸試験機の検証に使用する力計の校正方法である【JIS B 7728による方法による校正と、それ以外の汎用力計の校正方法である【JIS B 7721に準じる方法による校正が可能です。 校正に使用する標準器は、国家標準とのトレーサビリティが取れております。中でも、国家標準と直接比較校正を行う特定二次標準器である力基準機群は国内有数の設備であり、また間口も広く取っているため、様々な形や大きさの力計を高精度に校正することを可能にしています。

計量器等の区分 種類 引張・圧縮 校正範囲
力計 JIS B 7728による方法
(一軸試験機の検証に使用する力計を校正する場合)
圧縮 10 N ~ 10 MN
引張 10 N ~ 1 MN
JIS B 7721に準じる方法
(汎用の力計を校正する場合)
圧縮 0.1 N ~ 30 MN
引張 0.1 N~1 MN

エー・アンド・デイグループのひとつであるリトラ株式会社は、力基準機として国内最大の【10 MN】から国内最小の【10 N(圧縮/引張)】まで校正可能な力基準機群を所有し、広範な校正範囲を1社でカバーします。

10 MN力基準機は、国立研究開発法人産業技術総合研究所の標準器と同じ間口を持っています。

ロードセルとは? 

初めての方にもわかりやすく解説

10問10答

ロードセル10問10答

初めてロードセルに接する方のためにロードセルの10問10答を用意しました。ロードセルとは何なのか、一緒に学びましょう。

> ロードセル10問10答へ

入門

ロードセル入門

ロードセル10問10答よりさらに詳しい資料を用意しました。 ロードセルについて、一緒に学びましょう。

> ロードセル入門へ

豆知識

計量豆知識

インジケータ・ロードセル等の技術情報を掲載しています。

> 計量豆知識へ

以下のフォームにご記入後、お問い合わせ(見積もり・ご相談)ください。

校正風景

校正風景

力計の校正は、株式会社エー・アンド・デイグループ会社であるリトラ株式会社において、工場出荷時およびお客様の力計をお預かりし校正するJCSS校正または一般校正のサービスです。

ロードセル製品

お役立ちセミナー 社内の教育用にもご使用いただけます。

CM-10(4981046615716_小型ロードセル)
AD-4401(AD4401_4981046618236)
lc1205_m01

はじめてのロードセル

ロードセルの基本的な原理や種類と使い分け、特長をご説明いたします。

視聴する

はじめてのロードセルインジケータ

インジケータの代表的な使用方法について、基本的な原理とその種類、特長をご説明いたします。

視聴する

代表的なロードセルの選び方

ロードセルの選定方法や精度検討について、3つのステップで解説します。

視聴する

力計校正用基準ロードセル

基準ロードセル

力計とは?

力を受けた部材の弾性変形量、またはこれに比例する物理量を測定することによって力の大きさの確定を行うものです単位:N(ニュートン)

近年は製造・検査設備として力計の計測(特にロードセルをセンサーとした計測)を不可欠とする社会的要求の高まりがあるため、その力計と計測用ロードセルそのものの校正も欠かすことができなくなっています。

 

なぜ校正が必要なのでしょう?

力計のみならず、計測器全般に言えることですが、長期間使用していると測定値にズレが発生するリスクが高くなります。

もし校正せず、知らず知らずの間に正確でない計測をおこなっていたらどうなるでしょうか?

例えば製造部門の検査工程で使用している物であれば不合格品を合格品として出荷し品質に対する信頼を著しく低下させてしまったり、逆に合格品を不合格品としてしまえば生産量は減り、作業のやり直し等コストがかさんでしまう事になります。

定期的な校正を行う事により、測定値のズレを発見し調整する事が可能となります。

また近年では各ISOシリーズ等のグローバルな品質規格の普及により、単なる校正結果の評価だけでなくシステム化された仕組の中で製品要求事項の適合性を実証し、システムそのものの妥当性の評価までが求められる時代となってきました。

定期的な校正・日常点検等をシステム化し、製品の適合性を実証し顧客満足度を積極的に向上させる活動そのものが評価されているという時代背景の中、校正・点検を含めた一連の検証システムはますます重要になってきています。

弊社の校正サービスは、質量(はかり・分銅)・一軸試験機・力計・トルクメータと多様な校正技術を用意することで、お客様の企業活動に安心と信頼をご提供させていただきます。

 

なぜJCSS校正なのでしょう?

お客様がご使用になっている測定器の基準値 1 g1 V1 ℃1 m は、国家または国際標準とのトレースが証明できるのでしょうか? そして、取引先の基準値と同じ値を示すのでしょうか?違っていたら大変です。

JCSS校正は使用する力基準機のみでなく、その他の使用機器や校正方法まで明確化されています。

またMRA適合のJCSS校正は協定国であれば、その国内の校正書類として通用します(ワンストップテスティング)ので、安心・信頼さらにコスト面でも有効です。

ISO9000に代表する品質システムの規定要求事項(“国際または国家標準にトレース可能な計量標準に照らして校正または検証する。”)にもあるように、国際または国家標準との整合性は重要です。

現在では国家標準にトレーサブルの証明には“不確かさ”が表記された校正証明書が不可避となり、JCSS校正で発行する校正証明書はこのような要求に適合し(国が発行する校正証明書と同等の効力をもちます。)第三者に対する証明が可能となります。

エー・アンド・デイの校正サービスは、質量(はかり・分銅)・一軸試験機・力計・トルクメータと多様なJCSS校正をお手軽にご提供いたします。

 

 

一軸試験機校正用 ロードセル 力計 AD-1661

ad1661_m01
DSC_4946 (1)

圧縮時

AD1661治具付き引張 (1)

引張時

 JIS B 7721の一軸試験機の校正装置に準拠 

ロードセル力計(AD-1661)は、一軸試験機(引張圧縮万能材料試験機 他)の校正を行うことが可能です。従来の環状ばね型力計がもつ負荷時のタワミ量をそのままに、ロードセルがもつ手軽さ・安全性・精密性を兼ね備えます。加えられた荷重によるタワミ量から力に変換して、デジタルで計測値を表示します。

従来の製品とは異なり、ループそのものを歪ゲージ式のロードセルとして開発しました。広いダイナミックレンジ、少ない読み取り誤差、独立した表示部、計測データのPC取り込むなど多くの特徴を備えています。

※JCSS校正証明書をお付けして出荷します。

製品ページ
jcss_img02

リトラ株式会社校正室は、認定基準としてISO/IEC 17025を用い、認定スキームをISO/IEC 17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋認定協力機構(APAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。リトラ株式会社校正室は、国際MRA対応JCSS認定事業者です。JCSS0099は当校正室の認定番号です。

お問い合わせする(見積・ご相談)